きじの ゆでたまご

ブログ更新が、いつも遅れ・・ すみません。(反省)

気付けば、早春の山里風景のブログ以来・・

やっと広島も梅雨が明けました? ん~ まだ梅雨では?という天気ですね。

でも、我らが広島カープは、ペナントダッシュの梅雨は終わり、今は毎試合が楽しみな本番!
この一カ月が天王山ですねっ

さてさて。この時期、(この時期だけ) キジのたまごをゆでタマゴにして、お店に出しています。
   ↓
2015070509080000.jpg

毎年お馴染みの方や、これを楽しみにされてる方々は
「おーもうそんな時期かぁー」 とフツーに買われますが、

初めて見られるお客さんや、キジというレアな食材に馴染みの無い大多数の)お客さんは

「えーーーーっ」て。 「食べられるん?」って。 「どんな味なん?」 って。質問責め(^^ゞ
まあ、携帯やカメラで撮影される方々も多い事多い事・・
です。

そんな感じで毎年、着実に楽しみにされる方々が増える事は、私達も嬉しいものです。

キジのタマゴって?・・

①基本的には、鶏の卵と味は変わりません。 フツーのゆでタマゴ (期待外れですみません:笑)

②写真の通り、普通の卵より、ひとまわり小さく、緑色かかっています。
 これは、一般のニワトリに比べ、キジはかなり小さいからです。
 (雄でも1kgくらい。雌なら約800gしかないんです。元々、山の野鳥なので・・
 
そこも、品種改良して、一生ゲージの中で、餌をひたすら食べさせられ、太らされている、
一般スーパーで売られているニワトリと違う点ですかね。)

③これが一番なんですが・・ キジは先程書いた様に、元来野鳥なので、 
 一年に一回にか繁殖しません。
 だから、5月半ば~7月始めしか、弊園でも卵を産まないんです。
 そういう点も、年中タマゴをポコポコ産み続ける様に品種改良されたニワトリと
 一番違う点の一つです。

味はゆでタマゴだけど、
【年に一時期しか産卵しない】。【形も小さく色も違い、スーパーでは見た事ない】
⇒【珍しいけぇ、食べてみよーや】
  と、楽しまれるお客さんも年々増えてくれています。

たいした儲けじゃないけど、利益などより、 「季節の風物詩」 て感じで 
今年も沢山、皆様に可愛がって頂き、楽しんで頂きました。

嬉しい限りです(*^-^*)
スポンサーサイト
プロフィール

きじえん

Author:きじえん
はじめまして!
広島県の山里で鳥のキジの放牧養殖、食肉加工を生業としている
「松尾きじ園」です。「きじ」君と呼んで下さい(^O^)
キジにまつわる事、いなか暮らしの事、大好きな広島カープや日々の出来事を綴っていきたいです♪ どんどんコメントやレス待っています!ブロトモも募集してまーす♪ 宜しくです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
グルメの口コミ[livedoor グルメ]